12th 06 - 2013 | no comment »

消費者生活センターに相談を

「出会い系サイト規制法」は、出会い系サイトの掲示板等の書き込みに18歳未満の児童を対象にした金銭目ていの交渉や性交渉を求めることを載せてる事を禁止しています。
これは優良出会い系学園利用者、サイト運営者ともに科せられてます。
具体的にどのような内容のことかというと
「女子高生です。欲しいものを買ってくれる方、デートしませんか?」
「16歳位女の子の撮影募集 高額アルバイト保証」
「16歳位の子でおこずかいの欲しい子待ってます。」
などが該当しますので、掲示板で見ても関わらないようにしましょう。
また、誤解を与えたりや紛らわしい表現の仕方は十分に気をつけましょう
他にも気をつけることがあります。このような法律を利用した悪用者がいるということです。
例として、であいけいサイト 無料からメールで「あなたの書き込みは18歳未満の児童を誘惑し、誘う内容です。
「出会い系サイト規制法」に違反してます。規則違反の為、100万円の罰金の支払い義務があります。
以下の口座へ1週間内に振込をしてください。支払われない場合、警察に通報され、刑法により罰せられます。」という内容です。
「出会い系サイト規制法」で、出会い系サイトに罰金の支払う義務はありませんし、罰金の要求は出会い系サイト運営者は出来ないからです。
「お金を支払わないと○○します。」は、恐喝行為です。
これこそ犯罪です。警察に通報は出来ますが、気持ち的にトラブルはちょっとと思うなら「消費者生活センター」に相談すると良いでしょう。
同じようなトラブルはありますので、相談に対応してもらえるでしょう。

FAQ欄を見つけたら、念のために確認する

一般であれば、何かの会員になる際には、会則や規約などが、会員になる前にあらかじめ理解しておかなければならないこととして前置かれます。
そして、無料の出会い系サイトにおいても、こうした規約や会則のような、サイトの主旨に関する記述はあるはずです。
こうした規約や会則、サイトのシステムについて記述がないサイトは危ないと思っておきましょう。
システムが曖昧なサイト、見当たらないサイトは、運営にも穴があります。

また、無料の出会い系サイトは日本中の会員を地域ごとに見てとることができますが、会員登録は出来ても退会できないように、退会フォームが設置されていないというサイトもあります。
こうしたサイトは無料とはいえ、安全な利用を行うことができない可能性がありますので、登録しないようにしましょう。
無料の出会い系サイトとはいえ、あらかじめサイトに関する情報を口コミサイトや比較サイトを通じてチェックすることも有効でしょう。
そして、サイト内にある情報と併せてチェックしながら、利用を検討するという癖をつけましょう。

規約などに何かしらの落とし穴が見つかることはよくあることなのです。
FAQ欄を見つけたら、念のために確認するのも大切です。
運営者や管理者に関する情報が記載されている部分もポイントになります。
無料の出会い系サイトとはいっても、運営がきちんとなされているサイトに登録するのが、失敗しないためのコツでもあります。
幅を利かせて都合のいいようにサイト側が難癖をつけてきそうだと感じるような、悪質な規約もありますので、目を凝らしてチェックしてみてください。

https://www.mirai-kirakira.jp/index.php?/encounter
わかやま出会いの広場


最近の投稿

出会い系サイト

【公式】メルパラ|出会える恋愛コミュニティサイト
メルパラ

出会い系クチコミ投稿広場
出会い系クチコミ投稿広場

華の会メール - 中高年・熟年の為の出会い応援サイト
華の会メール

アーカイブ

カテゴリー

コンテンツ

お問い合わせ